• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 学校で活用・活動したい
  3. 活動紹介
  4. 活動報告
  5. 横浜市立学校全校を対象とした防災研修を行いました

活動報告

横浜市立学校全校を対象とした防災研修を行いました

平成27年8月25日から28日にかけて、横浜市教育委員会が主催する「第2回学校安全研修」が開催され、気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨 その時どうする」を横浜地方気象台と日本赤十字社神奈川県支部とで実施しました。

本ワークショップは、主体的にいのちを守り防災・減災に取り組む児童・生徒の育成を目的としており、大雨災害に関するレクチャーとグループワークから構成されています。ワークショップの主たる対象は小中高校生ですが、今回は学校安全担当の教職員を対象とすることで、大雨災害からの身の守り方について先生方に学んでいただくとともに、所属校の児童・生徒に伝達していただくことを目的としました。4日間の研修会では横浜市立学校の学校安全担当者459名が参加。(原則として横浜市立学校全校から1名ずつの参加。)

当日は、まずはファシリテーターを努める日本赤十字社神奈川県支部職員と専門家を務める横浜地方気象台職員とのレクチャーを聞いて大雨災害に対する理解を深めました。その後にグループに分かれて、与えられた条件の下で、どのような避難行動を取るかのディスカッションを行いました。

参加者からは「本校学区内の河川の氾濫ハザードマップを確認し、集団下校時の通学路について安全を確認したい」「自然災害の恐ろしさを実感しました。行ってみて避難準備やハザードマップの確認をしてみたいと思ったので、ぜひ子どもたちにも体験してほしいと思いました」といった感想が聞かれました。

日赤神奈川県支部は、災害から児童・生徒の命をまもるために青少年赤十字防災教育を一層推進してまいります。お問い合わせは日赤神奈川県支部青少年・ボランティア課まで。(電話番号:045-681-2123)

横浜市1.jpg 横浜市2.jpg

【避難行動についてディスカッションする参加者(教職員)】

ここからはサイトマップです。