• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. もうすぐ開催です!国際人道法写真展「戦場を希望の大地へ」

新着情報

もうすぐ開催です!国際人道法写真展「戦場を希望の大地へ」

日赤神奈川県支部は、県民の皆さまへの国際人道法()の理解や普及のため、毎年12月に写真展を実施しています。

今年は「戦場を希望の大地へ」というテーマで、戦争による地雷や不発弾などの被害を受けながらも、社会復帰に向けて力強く生きる人々を記録した写真を展示します。

世界各国・地域の紛争において使用された対人地雷やクラスター弾などの不発弾は、戦闘に参加しない一般市民に無差別に被害を与え、その後の生活や社会復帰の障害となっています。赤十字国際委員会(ICRC)は、このような現状と、被害を受けてもなお力強く生きる人々を記録に残すため、世界的に活躍する写真家5名をボスニア・ヘルツェゴビナ、イラク、ラオス、モザンビーク、ニカラグアの5カ国に派遣しました。

皆さまのご来場をお待ちしています。

【開催概要】

日時: 2016年12月20日(火)~26日(月) 11:00~19:00 ※20日は13:00開場、26日は17:00閉場
会場: みなとみらいギャラリー 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5 クイーンズスクエア横浜 クイーンモール2階 東急東横線直通みなとみらい線 みなとみらい駅直結 徒歩3分
主催: 日本赤十字社、赤十字国際委員会、キヤノン株式会社
入場料: 無料
写真家: ヴェロニク・ドゥ・ヴィゲリー(Veronique de Viguerie)氏 セバスチャン・リステ(Sebastian Liste)氏 ブレント・スタートン(Brent Stirton)氏 ポーラ・ブロンステイン(Paula Bronstein)氏 マルコ・ディ・ラウロ(Marco Di Lauro)氏 *五十音順・敬称略

news161118.jpg

※国際人道法 武力紛争のもたらす不必要な犠牲や損害を防止することを目的に、戦争の手段を制限し、敵対行為に参加していない全ての人びとの保護を定めるルールの総称。保護を目的としたジュネーブ条約や、戦闘方法や武器の制限を規制するハーグ条約など、国際的な条約が主となります。

※対人地雷・クラスター弾について 対人地雷の使用、貯蔵、生産等の禁止、犠牲者およびその家族、汚染地域への支援は国際人道法のなかで義務づけられています。ICRCは、対人地雷の廃絶のために国連とともに主導して、このような政策提言や法の遵守に向けた啓発活動、また義肢・義足や矯正器具の生産・提供など、身体的ハビリテーション事業に取り組んでいます。

日本赤十字社ホームページ かながわ赤十字情報プラザ 広報紙 日赤かながわ 広報紙(全国版)赤十字NEWS 神奈川県支部公式Facebook メールニュース 普及資材 職員採用情報 YouTube公式チャンネル 地区担当ページログイン 指導員ページログイン 携帯サイトはこちらから http://www.kanagawa.jrc.or.jp/m/
ここからはサイトマップです。