• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. 【連載④】危険を知って、楽しい水遊びをしよう! ~水の事故からいのちを守るためのポイントをお伝えします~

新着情報

【連載④】危険を知って、楽しい水遊びをしよう! ~水の事故からいのちを守るためのポイントをお伝えします~

事故があってもあわてずに!いざというときのいのちの守り方

服を着たまま水に落ちたら

衣服やくつを身に着けたまま、海や川、用水路などに落ちる事故は、水着を着て泳いでいる事故とくらべて何倍も多く起こっています。
もし、落ちても身を守る知識や技術があればあわてなくても大丈夫です。

浮き身のやり方イラスト

まずは水に浮くこと ~体が浮くまで、ゆっくりとあわてずに!~

衣服を着て水に落ちたとき、一番大切なことは「浮き身(浮くこと)」です。衣服や靴を身に着けたまま浮くことができるようになりましょう。

浮き身のポイントイラスト

Q&A

水中で衣服は脱ぐの?
脱ぎません。
水中で衣服を脱ぐのは難しく、危ないので脱いではいけません。衣類は浮く力の助けになる場合もあり、体温を保つ効果もあります。また、靴も浮くことの助けになる場合があるので、脱がずにはいたままにしましょう。
水に落ちたのを見たときはどうするの?
まずは落ち着いて119番に電話して、大人を呼びます。
落ちた人を見かけても、あせって自分も飛び込み助けに向かわないこと。助ける人も事故につながることがあります。落ち着いて119番(海の場合は118番)に電話し、大人の人が救助するようにしましょう。

過去の連載

【連載③】泳ぐ前に知っておいてほしいことはこちら

【連載②】海・川・プールの危険を知ろう!はこちら

【連載①】身のまわりの危険な場所はこちら

日本赤十字社ホームページ かながわ赤十字情報プラザ 広報紙 日赤かながわ 広報紙(全国版)赤十字NEWS 神奈川県支部公式Facebook メールニュース 普及資材 職員採用情報 YouTube公式チャンネル 地区担当ページログイン 指導員ページログイン 携帯サイトはこちらから http://www.kanagawa.jrc.or.jp/m/
ここからはサイトマップです。