日本赤十字社 神奈川県支部

ホーム > 新着情報 > お知らせ

新着情報

【連載B】減災豆知識 〜災害が起きたら、どのようなものが必要ですか?〜

 東日本大震災では、救助や救援物資の到着までに、3日以上かかるケースがありました。日頃から、避難時に持ち出す「非常持ち出し品(一次持出品)」と、避難の長期化を想定し、数日間生活するために必要な「非常備蓄品(二次持ち出し品)」を準備することが大切です。
 定期的な点検、交換、見直しも忘れないようにしましょう。

一次持ち出し品.png

  ※避難の妨げにならないよう、リュックサックなどにコンパクトにまとめましょう。

二次持ち出し品.png

 また、室内では近くにスリッパを備えておくと、窓ガラスが割れて飛散したときの対策にも役立ちます。
 皆さんも、自分や家族の状況に応じて必要なものについて考え、大切ないのちを守るために備えてください。


◆私たちは、忘れない。プロジェクト実施中

 私たちは、忘れない。ショートムービー「3月11日を考えるから、365日考えるへ」

 神奈川県支部特設ページへはアイコンをクリック

a74e0cddcfecbc81b530f105108318d1ec0ae248.png