• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 報告一覧
  3. 「親子DEレスキュー」を開催しました

報告

「親子DEレスキュー」を開催しました

親子DEレスキュー(1)

かけ声は 「バディ!」 「オー!!」

7月18日(土)、19日(日)の終日に横浜海の公園を会場に「親子DEレスキュー」を開催しました。
「親子DEレスキュー」は水辺の安全について学ぶ教室です。

子ども55人、その親御さん49人が、洋服を着たまま水の中に落ちても洋服の中に溜まった空気で浮くことができること、ペットボトルやビニール袋、ランドセルなど身近なものが浮き具として使えることなど身近なもので自身の安全を守る方法を学びました。

夏になり、水辺での遊びも増えてきます。事故を予防することがいちばん大切ですが、着衣泳など実体験することで心に余裕ができ、いざというときに落ち着いて行動ができるようになればいいなと思います。

次回開催のときには、ぜひ、みなさんも親子で参加してみてください。

親子DEレスキュー(2)

子どもたちの感想(抜粋)です。

  • 最初はおぼれてしまうと思っていたけれどきちんとうかんだら気持ちよかったです!
  • ペットボトルやスーパーのふくろをもつと、洋服を着ていてもうかぶということがわかった。
  • すごく楽しかった。もっとずーっといたかった。
  • ペットボトルでおとなが1人うけてすごいとおもいました。
  • あおむけになったり、うつぶせになったりして浮くとは思わなかったのでとてもおどろきました。
  • くつをはいてあおむけになるとくつが浮いてびっくりしました。
  • レスキューボードがたのしかった。
  • 「親子DEレスキュー」をお父さんといっしょにできてとてもたのしかったです。
  • しらなかったことをおしえてくださってありがとうございました。
レスキューボード
日本赤十字社ホームページ かながわ赤十字情報プラザ 広報紙 日赤かながわ 広報紙(全国版)赤十字NEWS 神奈川県支部公式Facebook メールニュース 普及資材 職員採用情報 YouTube公式チャンネル 地区担当ページログイン 指導員ページログイン 携帯サイトはこちらから http://www.kanagawa.jrc.or.jp/m/
ここからはサイトマップです。