• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 報告一覧
  3. 東日本大震災における神奈川県支部の対応(6/30現在)

報告

東日本大震災における神奈川県支部の対応(6/30現在)

東日本大震災における神奈川県支部の救護活動は、以下のとおりです。

<平成23年6月30日現在>

救護班の派遣

医師、看護師、事務管理要員等からなるチームで、現地の病院や避難所で、被災者の救護を行います。
横浜市立みなと赤十字病院  9班
秦野赤十字病院  9班
津久井赤十字病院  5班
※なお、神奈川県支部、神奈川県赤十字血液センター、神奈川県ライトセンターの職員も事務管理要員として救護班で活動を行っています。 

こころのケア要員の派遣

災害による精神的なダメージ、心身の疲労、避難生活などから生じるストレスの軽減を図るために、支援活動を行います。
こころのケア要員派遣  22回
 

救援物資の搬送

神奈川県内に備蓄している毛布等の救援物資を送りました。
毛布 5,690枚(宮城県他)・援護物資 685セット・手指消毒アルコール102本 


情報は、随時更新いたします。
その他、日本赤十字社の全国の動きはこちら

日本赤十字社ホームページ かながわ赤十字情報プラザ プレスリリース 広報紙(全国版)赤十字NEWS 神奈川県支部公式Facebook メールニュース 普及資材 職員採用情報 YouTube公式チャンネル 地区担当ページログイン 指導員ページログイン 携帯サイトはこちらから http://www.kanagawa.jrc.or.jp/m/
ここからはサイトマップです。