• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 報告一覧
  3. 平成26年度赤十字奉仕団上級研ステップ・アップ研修会を実施しました

報告

平成26年度赤十字奉仕団上級研ステップ・アップ研修会を実施しました

当支部では赤十字奉仕団を対象とする赤十字の基礎を学ぶ赤十字奉仕団基礎研修会、さまざまなボランティア活動を学ぶ同中級研修会、リーダーシップについて学ぶ同上級研修会、奉仕団活動を推進していくうえで必要になる活動計画の立て方について学ぶ同上級研ステップ・アップ研修会の段階的な研修会を行っています。

2月21日には上級研修会を修了した受講者15名を対象に、当支部を会場として上級研ステップ・アップ研修会を開催しました。

受講者がそれぞれテーマを決め、赤十字奉仕団指導講師(各研修会を担当す奉仕団員)の指導のもと、奉仕団活動計画書を作成しました。受講者の1人、秦野市拡大写本赤十字奉仕団の大江さんは、弱視の児童・生徒の個々の見え方に合わせた文字の大きさ・太さで、手書きまたはパソコンで拡大教科書等を作る活動を行っています。しかし、ボランティアへの拡大教科書の依頼は減りつつあります。拡大写本サービス自体を知る利用者も減ってきており、ニーズがありながらも思うような活動できないという問題を抱えていました。

(注:拡大図書は書籍を単に拡大コピーをすればいいというものではありません。拡大コピーは行間等全てが拡大されてしまうため、手にとって読める書籍になるように文字を拡大しながら行間を調整するなど手を加える必要があります。)

写真1

大江さんは拡大写本をより多くの人が知ることがもっとも重要と考え、一般市民が集まる行政のイベントで、奉仕団員とともにブースを出展し、拡大写本の展示や説明を積極的に行っていく計画を立てました。より現実に近付けるためには、担当割り振り、ブース出展の周知の仕方や広報媒体の選定、ブース費用の見積もり、準備や打合せをいつ、どこで行うか、など詰めなければいけないことは盛りだくさんです。真っ白だった一枚のワークシートが事細かな計画事項で埋め尽くされ、徐々に形になっていきました。

また、当支部2階で赤十字事業の紹介活動をしているかながわ赤十字情報プラザ援助奉仕団員の受講者の方は、より良い紹介と案内ができるよう団員の赤十字事業への理解充実を図るための研修会を計画しました。

他にも、赤十字に対する理解を得て、新入団員の獲得につなげることを目的とした救急法講習会の開催や超高齢化社会に対する危機感から健康生活支援講習会を地域住民に対して実施する計画など、受講者の分だけ活動計画書ができました。実際に活動にしていくために問題点を明確にし、筋道を立て、綿密な計画を立てることにより今後の活動に活かされていくことでしょう。

赤十字の奉仕団はボランティアの力が必要とされるところに力が及ぶよう、今後も活動と研修会を並行して行っていきます。

写真2

日本赤十字社ホームページ かながわ赤十字情報プラザ 広報紙 日赤かながわ 広報紙(全国版)赤十字NEWS 神奈川県支部公式Facebook メールニュース 普及資材 職員採用情報 YouTube公式チャンネル 地区担当ページログイン 指導員ページログイン 携帯サイトはこちらから http://www.kanagawa.jrc.or.jp/m/
ここからはサイトマップです。