• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 報告一覧
  3. 県内初!海上保安庁と水の事故から命を守る講習会を連携して開催しました

報告

県内初!海上保安庁と水の事故から命を守る講習会を連携して開催しました

7月15日に横浜市立東品濃小学校(青少年赤十字加盟校)の5・6年生を対象に、県内で初めて海上保安庁横浜海上保安部と連携して着衣泳の講習会を行いました。

講習会では、服を着たまま水に落ちてしまった時に、慌てることなく救助を待てるように着衣のまま浮く方法を体験していただきました。また、指導にあたった赤十字の指導員からは「遊びに行く場所や帰る時間は保護者の方へ必ず知らせてから出かけましょう」、海上保安官からは「海で溺れている人を見つけたら大人の助けを呼ぶか、118番(海上保安庁の通報用番号)に電話してください」と話がありました。

参加した児童からは「服を着たまま水に入ると動きづらかった」、「ペットボトルやライフジャケットを使うと楽に浮けた」などの声が寄せられました。

同校では7月13・14日に赤十字の指導員による講習を3・4年生を対象に実施しています。

日赤神奈川県支部では、水のレジャーが増えるこれからの季節、もしもの時のために浮いて救助を待つ方法を普及することで、こども達の命を守ることを目指していきます。

写真1
▲楽に浮けるライフジャケット着用体験

写真2
▲力を抜いて~、ハイ!上手に浮けました!

 

イラスト
水の事故防止啓発のポスターです。水の事故に関する知識と対処を紹介しています。
ポスター(PDF:983KB)

日本赤十字社ホームページ かながわ赤十字情報プラザ プレスリリース 広報紙(全国版)赤十字NEWS 神奈川県支部公式Facebook メールニュース 普及資材 職員採用情報 YouTube公式チャンネル 地区担当ページログイン 指導員ページログイン 携帯サイトはこちらから http://www.kanagawa.jrc.or.jp/m/
ここからはサイトマップです。