• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 報告一覧
  3. 今年もミャンマー赤十字社に救急法ボランティア指導員を派遣しました!

報告

今年もミャンマー赤十字社に救急法ボランティア指導員を派遣しました!

日本赤十字社神奈川県支部では、平成27年7月8日から18日までの11日間ミャンマー連邦共和国に神奈川県安全赤十字奉仕団所属で救急法ボランティア指導員の赤澤精二さんを派遣しました。

この事業は、平成16年度から日本赤十字社がアジア・大洋州地域(ミャンマー・カンボジア・東ティモール)に対して行っている事業です。これらの地域は毎年、風水害や地震などが多く起こるにもかかわらず、インフラの未整備や医療従事者の不足などにより、急病人をすぐに医療機関に搬送できない現状にあります。そのため、一般市民による救命・応急手当を普及することを目的にこの事業を行っています。活動内容は、現地で応急手当の講習をしている指導員への研修会でアドバイザーとして協力しています。

今回は、赤澤さんのほか、日赤本社と群馬県支部の講習担当職員、大阪府支部のボランティア指導員の4名が派遣されました。

当支部では、昨年に引き続き、ミャンマーのほかカンボジアと東ティモールへの救急法普及支援事業に対し、日赤本社を通じて事業資金の支援や職員指導員の派遣をする予定です。これからも「苦しんでいる人を救いたい」という赤十字の理念の下、国内外を問わず講習の普及に努めていきます。

 

赤澤さんのコメントは日赤かながわ秋号(第98号、9月10日発行)に掲載予定です。お楽しみに!

写真1
▲竹トンボで文化交流もしました

写真2
▲指導中の赤澤さん(中央)

日本赤十字社ホームページ かながわ赤十字情報プラザ プレスリリース 広報紙(全国版)赤十字NEWS 神奈川県支部公式Facebook メールニュース 普及資材 職員採用情報 YouTube公式チャンネル 地区担当ページログイン 指導員ページログイン 携帯サイトはこちらから http://www.kanagawa.jrc.or.jp/m/
ここからはサイトマップです。