• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 報告一覧
  3. 熊本地震災害に対する神奈川県支部救護班を派遣しました

報告

熊本地震災害に対する神奈川県支部救護班を派遣しました

日本赤十字社は、4月14日以降に発生した熊本地震災害に対して、発災直後から熊本県内で医療救護活動を行っており、
現在、救護班28班、dERU(仮設診療所)6班を派遣しています。

4月18日に、神奈川県支部からも医師2名、看護師3名、薬剤師1名、主事2名、連絡調整員1名、赤十字ボランティア1名からなる救護班【神奈川 第1班(横浜市立みなと赤十字病院)】を派遣しました。

4月20日~22日まで、上益城地域を中心に避難所での診療活動および巡回診療を展開します。

写真2
 神奈川第1班のメンバー

写真1
 出発した車列

日本赤十字社ホームページ かながわ赤十字情報プラザ プレスリリース 広報紙(全国版)赤十字NEWS 神奈川県支部公式Facebook メールニュース 普及資材 職員採用情報 YouTube公式チャンネル 地区担当ページログイン 指導員ページログイン 携帯サイトはこちらから http://www.kanagawa.jrc.or.jp/m/
ここからはサイトマップです。