• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 報告一覧
  3. 青少年赤十字国際交流プログラム ~シンガポール赤十字社との交流~

報告

青少年赤十字国際交流プログラム ~シンガポール赤十字社との交流~

本赤十字社神奈川県支部では、青少年赤十字の実践目標の一つである「国際理解・親善」の具体的な活動として、今年度シンガポール赤十字社との交流事業を実施しました。

平成29年11月2日~7日、シンガポール赤十字社(以下、シ赤)の青少年赤十字メンバー6名・指導教諭1名・ボランティア1名・シンガポール赤十字職員1名の計10名が当支部を訪れました。

シ赤訪問団は6日間の交流プログラムで青少年赤十字登録校3校(川崎市立宮内中学校、神奈川県立横須賀明光高等学校、横浜市立蒔田小学校)を訪問し、授業や部活動に参加しました。また、青少年赤十字高校生メンバーが企画・運営したウェルカムパーティーやフェアウェルパーティーに参加し、浴衣を着たり・けん玉をしたり、一緒にお食事を食べたり、互いの青少年赤十字活動を報告し合ったりし交流を深めました。また、赤十字施設(横浜市立みなと赤十字病院、横浜Leaf献血ルーム、神奈川県ライトセンター)を訪問し、日本における赤十字運動について学習しました。

当支部とシ赤との相互交流は平成24年度から継続して実施しており、平成30年度は当支部の青少年赤十字メンバーがシンガポールに派遣される予定です。

11月2日(木)

日赤神奈川県支部訪問

オリエンテーション、情報プラザや事務所、救護倉庫を見学をしました。

川崎市立宮内中学校訪問

青少年赤十字登録校である川崎市立宮内中学校を訪問しました。英語の授業に参加し、生徒同士でグループを作り、頑張って英語でお互いの趣味や将来について話し合いました。

青年赤十字奉仕団・神奈川県連絡協議会主催プログラム

青年赤十字奉仕団員と神奈川県連絡協議会メンバーの案内で新横浜のラーメン博物館に行きました。シンガポールのメンバーは、大学生と共にラーメンを食べたり、博物館内を見学したりと、楽しい時間を過ごしました。

11月3日(祝・金)

神奈川県立横須賀明光高等学校訪問

当日は祝日ではありましたが、青少年赤十字登録校である神奈川県立横須賀明光高等学校を訪問し、足浴体験や茶道体験を通して日本の介護技術や文化について学びました。

国際交流会(ウェルカムパーティー)

青少年赤十字高校生メンバーで構成された実行委員会が主催する「国際交流会(ウェルカムパーティ)」に参加しました。けん玉やあやとり、浴衣を着たりするなど青少年赤十字メンバーと交流を深めました。

11月4日(土)

ホームスティ(2泊3日)

11月3日から5日までホームスティを経験。シンガポールメンバー6名は日本のご家庭と一緒にそれぞれが楽しく、有意義な時間を過ごしました。

11月5日(日)

鎌倉~江ノ島散策

鶴岡八幡宮や大仏、江ノ島などを散策し、日本文化について理解を深めました。

11月6日(月)

日本赤十字社神奈川県支部災害救護倉庫見学

災害救護活動や備蓄物資などについて学びました。

横浜市立みなと赤十字病院訪問

応急処置室やCTなど院内見学をし、スキルラボでは手術の縫合体験をしました。

横浜市立蒔田小学校訪問

青少年赤十字登録校を訪問し、音楽の授業で6年生による合唱を聞き、放課後のキッズクラブでは小学生とふれあいました。

11月7日(火)

横浜Leaf献血ルーム訪問

献血ルームを訪問し、献血について説明を聞いた後、実際献血をしている様子を間近で見学するなどし、血液事業について学びました。

神奈川県ライトセンター訪問

館内見学を通じ、視覚障害についてや社会福祉事業の役割について学びました。

フェアウェルパーティー

青少年赤十字高校生メンバーで構成された実行委員会が主催する「フェアウェルパティー」に参加し、青少年赤十字メンバーと交流し別れを惜しみました。

日本赤十字社ホームページ かながわ赤十字情報プラザ 広報紙 日赤かながわ 広報紙(全国版)赤十字NEWS 神奈川県支部公式Facebook メールニュース 普及資材 職員採用情報 YouTube公式チャンネル 地区担当ページログイン 指導員ページログイン 携帯サイトはこちらから http://www.kanagawa.jrc.or.jp/m/
ここからはサイトマップです。