• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 報告一覧
  3. シンガポールへ青少年赤十字メンバーを派遣します ~青少年赤十字国際交流事業~

報告

シンガポールへ青少年赤十字メンバーを派遣します ~青少年赤十字国際交流事業~

 日赤神奈川県支部では、青少年赤十字の活動目標の一つである「国際理解・親善」の具体的な取り組みとして、平成23年度よりシンガポール赤十字社と国際交流プログラムを実施しており、隔年で派遣・受入を交互に行っています。本プログラムを通じて、中高の青少年赤十字メンバーの交流・親善を図り、赤十字の世界性を理解するとともに、異文化での生活や研修で得た知識や技術をその後の青少年赤十字活動に生かすことが目的です。

写真1

 今年度は派遣する年度にあたり、7月26日~31日に神奈川県青少年赤十字メンバー6名と指導者1名、通訳ボランティア1名、職員1名 計9名を派遣します。

 派遣されるメンバーは、事前研修会を通じて、赤十字や青少年赤十字について、献血(血液事業)について、視覚障害(社会福祉)について勉強するとともに、シンガポールでの発表に向けてプレゼンテーションやパフォーマンスの準備をしてきました。

 そこで、もう間もなく派遣されるメンバーに意気込みを聞きました!

  • シンガポールのメンバーやホストファミリーと、英語を使って積極的に交流し、お互いの文化や歴史への理解を深めたい。(高校3年生)
  • 現地の人と積極的に交流し、それぞれの文化を伝えあうとともに赤十字やJRCが多くの人にとって身近なものになるように情報発信したい。(高校2年生)
  • 福祉やバリアフリーの現状を見て学ぶと共に、将来に向けて国際理解・異文化理解を深めたい。得た学びを周囲へ広めたい。(高校2年生)
  • シンガポールの赤十字事業や社会福祉についてたくさんことを学びたい!得たものを皆に広めたい。(高校2年生)
  • 初めての海外のため、日本とシンガポールを比較して違いを見つけたい。(高校2年生)
  • シンガポールは良いイメージが強いが、実際に見て学んできたい。(中学3年生)

 

  • 神奈川県や日本の代表として、今後のJRC活動をさらに発展させるべくチーム一丸となって取り組んでいきたい。(県立藤沢総合高等学校 邊見先生)
  • 異文化に触れる生の交流を通して、テレビやインターネットでは得られない経験から多くの気づきをもち、今後の人生に生かして欲しい。多様な価値観を学ぶことで柔らかい頭でたくましく生きる人となることを期待しています。(神奈川県赤十字国際奉仕団員 須賀さん)

 

 シンガポールでは、シンガポール赤十字本社、赤十字障害の家や血液銀行、現地の中学校・高等学校に訪問する予定です。

 派遣後は、リーダーシップ・トレーニング・センター(LTC)やメンバーシップ・トレーニング・センター(MTC)、県高等学校青少年赤十字連絡協議会、県青少年赤十字指導者協議会総会などで報告する予定です。メンバーたちの成長にどうぞご期待ください。

写真2
▲ 点字の打ち方を体験
写真3
▲ 視覚障がいを持つ方から視覚障がい者への接し方について学びました
写真4
▲ 日本の文化や日本赤十字社について知ってもらうためのプレゼンテーションも、一生懸命英語で練習しました
写真5
▲ シンガポールで披露するパフォーマンスも皆で協力して完成させました
日本赤十字社ホームページ かながわ赤十字情報プラザ 広報紙 日赤かながわ 広報紙(全国版)赤十字NEWS 神奈川県支部公式Facebook メールニュース 普及資材 職員採用情報 YouTube公式チャンネル 地区担当ページログイン 指導員ページログイン 携帯サイトはこちらから http://www.kanagawa.jrc.or.jp/m/
ここからはサイトマップです。